選び方から価格まで!お取り寄せする前に知っておきたいクラフトビールの豆知識

このサイトは選び方から価格まで、お取り寄せする前に知っておきたいクラフトビールの豆知識をご紹介しています。
各地にある小さな規模のビール醸造所で造られているビールには様々な種類があるので、どれを選んだら良いか分からないという場合にも役立つはずです。
ビールの通販ショップを利用するメリットや、ビール選びで知っておきたい種類の知識などにも触れています。
毎日のビールライフに役立つ情報となっているのでおすすめです。

選び方から価格まで!お取り寄せする前に知っておきたいクラフトビールの豆知識

様々な種類がある中から自分に合うクラフトビールを見つけてお取り寄せしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合に知っておきたい豆知識としては、クラフトビールの選び方があります。
自分の好みに合うビールを選ぶためには、ビールの代表的な種類とそれぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。
クラフトビールの価格はそれぞれによって異なりますが、一般的に人気の売れ筋商品は1本200円台から400円台までのものが多いです。

職人技が活きるクラフトビールの選び方

職人がこだわって造るクラフトビールは、職人技を知ることと選び方に重要なポイントがあるといえるのではないでしょうか。
クラフトビールはつくり手の個性が反映されやすいので、職人に目を向けて、興味を持った人が造るビールを試してみるのが1つの選び方となります。
また容器のデザインにも個性があらわれますから、デザインに引かれて試しているのもありです。
基本的には日本でおなじみのラガータイプ、海外で主流のエールタイプのいずれかから選ぶ形です。
しかし、クラフトビールは醸造方法そのものよりも、つくり手とその背景にあるものに目を向けて選ぶのがおすすめだといえます。
特定の技術にこだわる人が造るクラフトビールには職人技が光りますし、実際に口にすると方向性が見えてくるはずです。
それから、使っている水や原材料だったり、醸造している環境についても確認したいところです。
革製品や金工品のように、作っている人に魅力が感じられればそれは、ビールにおいても十中八九満足に至る選択になるのではないでしょうか。

クラフトビールの価格はなぜ高めなのか

様々な味わいが楽しめるクラフトビールは、昨今人気が高くなってきています。
しかし一般的に販売される大手酒造メーカーのビールと比較して、クラフトビールの価格は高めに設定されている現状がありますが、この価格設定の理由がビール醸造の設備産業が大きく関係しているためです。
ビールを醸造するタンクのサイズとその本数、及び稼働率で製造量は決まりそこから最大の売上高も決定します。
そのため大きなタンクを所有しどんどん稼働することでビールを製造・販売することができる大手酒造メーカーは大量生産が可能なので、単位あたりのコストを相対的に下げることができます。
クラフトビールの醸造所は仕込みサイズが小さく、機械化や自動化も進んでいないためどうしても人力で作業する必要が出てきます。
タンクのサイズも本数も少なく、製造量が少なくなるため原料である麦芽やホップもスケールメリットを活かせるほど仕入れられないため、少量生産となり出来上がるビールの量に対してコストが高くなってしまいます。

クラフトビールの取り寄せに利用する店の選び方

タイトルにあります「クラフトビール(Craft・Beer)」とは、小規模な醸造所がつくるビールを意味し手工芸品(Craft)から派生した言葉で、「職人技のビール」とも言われます。
地元との結びつきのある「地ビール」だけにとどまらず、広く・深く・ビールそのものを探求しているからだと考えても良いのではないでしょうか。
「クラフトビール」を取り寄せるときの選び方は色から始め、香り・温度・料理の大きく4つがポイントとなります。
まず色ですが、原料である麦芽(モルト)の種類によって淡い黄から黒系まで色の変化が楽しめます。
カラーから選ぶと、料理との組み合わせ方が分かります。
コツは、ビールと料理の色味を合わせることです。
例えば濃いビールにはビーフシチューや赤身肉などが似合い、中間の黄系では唐揚げ・餃子などが似合います。
クラフトビールは色・温度の違いで香りも異なりますので、微妙な温度差を比べる時にはグラスの形状をジョッキだけではなく細いタイプに変えてみることも楽しいです。
まずは、クラフトビールの色彩が分かるお店で選ぶことが大切です。

クラフトビールを手掛ける醸造所の特徴

クラフトビールの醸造所は、今や日本各地や世界各地にもあります。
クラフトビールは小規模で独立していること、伝統的な原料・製法で作っている条件に当てはまる醸造所が作っているビールのことです。
最近は大手のメーカーも参入していて規模・地域性、原料や製法だけだと定義づけがしにくもなってます。
また、同じスタイルでもブルワリーが違うと味は全く違います。
日本の大手のメーカーのもよいですが、クラフトだとその種類が実に多いです。
コンテストを開催している団体の調べでは100種類以上もあり、これは日本の大手メーカーだと3種類から4種類なので少ないです。
美味しいだけでなく多様性が魅力で、有名なメーカーだと苦手な人でも地域で作られたクラフトビールだと飲める場合もあります。
例えばピルスナーは有名で、ポップの香りが程よくてのど越しが爽快、苦みの切れがよくて冷えたものを暑い夏に飲んだら最高に美味しいです。
他のビールと比べて少し軽いテイストで迷ったときの最初の1杯目にも向いてます。