クラフトビール選びで知っておきたい種類の知識

クラフトビール選びで知っておきたい種類の知識

クラフトビールは、小規模で独立した醸造所が、伝統的な原料や製法で作っていることを条件に作られているビールのことをいいます。
そんなクラフトビールは、独創性と品質にこだわったビールですので、地域によって色々な種類があります。
クラフトビールを選びたいという場合には、種類と特徴を知っておくと選びやすくなります。
大きく分けるとエール酵母とラガー酵母、野生の酵母を使った自然発酵で作られたものに分けられます。
エール酵母で作られたものはフルーティーで豊かな香りがあり、深い味わいが特徴的で味に個性があるため料理に合わせて選ぶことが可能です。
ラガー酵母は、すっきりとした飲みやすいビールに仕上がりやすく、日本のほとんどのビールがラガーとなっています。
どんな料理にも似合う味わいです。
自然発酵は天然酵母でゆっくりと発酵させているの特徴で、独特な香りと酸味があります。
酸味が強いことから、ブレンドや風味をつけて販売されていることが多いです。

クラフトビールは個性的な風味が楽しめることが人気の理由

クラフトビールは小規模醸造所で造られるビールを指し、大手酒造メーカーのビールとは違った個性的な風味を楽しむことができることが人気の理由といわれています。
ビールといえば大手メーカーが販売するスッキリとした飲みやすいラガータイプが主流ですが、クラフトビールの場合ラガーに限らずホップの苦味がふんだんに楽しめるIPAや、小麦を使用した甘みが特徴のヴァイツェン、芳醇な香りが魅力のペールエールなど個性的な風味を楽しむことができます。
最近ではスーパーやコンビニでも手軽に購入できるクラフトビールが登場しており、「銀河高原ビール」は小麦の麦芽を使用したフルーティーで爽やかなヴァイツェンスタイルが女性を中心に人気がありますし、「インドの青鬼」はヤッホーブルーイングが作る苦味が特徴のIPAで、飲みごたえのある濃厚な味わいを求めている方を中心に人気です。
国内醸造以外にも、海外の人気のクラフトビールも手軽にネットショップなどで購入できるようになっており、いつでも本場の味わいが楽しめます。